読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

今遇えた慶び

人身受け難し、今すでに受く。

佛法聞き難し、今すでに聞く。(三帰依文)

 

ここに愚禿釈の親鸞、慶ばしいかな。西蕃・月支の聖典

東夏・日域の師釈に、遇いがたくしていま遇ふことを得たり、

聞きがたくしてすでに聞くことを得たり。

真宗の教行証を敬信して、ことに如来の恩徳の深きことを知んぬ。

ここをもって聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなりと。

顕浄土真実教行証文類 総序)

 

如来の教えはただ一つ。仁者、一心に弥陀をたのめ。たのめば必ず往生す。

 

弥陀の勅命はただ一つ。汝、我が名を称えよ。必ず救う。

 

救うの中身は、助からぬ汝よ、我が浄土へ必ず往生させる。

我が名を称えるばかりで必ず救う。どうか助けさせてくれ。

 

この心は、欲生我国。もしで往生させることができなければ、

我は阿弥陀という佛にならない。

 

弥陀成佛のこのかたは いまに十劫をへたまえり

法身の光輪きはもなく 世の冥盲を照らすなり(浄土和讃

冥盲とは私の事です。

 

法蔵比丘は阿弥陀如来と成られた。そして、名号となり、

今も常に説法したまう。

 

つねに大衆のなかにして、法を説きて獅子吼せん(重誓偈)

 

親鸞聖人は、今遇うことを得た。すでに聞くことを得たと慶ばれる。

 

釈迦如来が世に出られ、弥陀の本願を説いて下さり、

数多の諸佛如来、善知識を経て、今ここに如来の教法が至った。

いまお念佛を申す身を頂いた。ことに如来の恩徳の深きことを知んぬと仰る。

 

 

ここをもって聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなりと。

 

孤独も不安もむなしさもともにお慈悲に慰められ、

ただ称えよの仰せとともに今日を生きたし。

 

本願とともに。南無阿弥陀