読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

一向専修

法然聖人、親鸞聖人は一向専修の人であったはずだ。

 

その流れを組む者であれば、念佛を申せという仰せに

 

従い、念佛を専ら聞くのが自然であろう。

 

祈願請求の念佛ではなく、わざわざ南無阿弥陀佛にまで

 

成ってくださって、今ここに声に出でて下さる。

 

念佛に自力はない。自力で称えれていると誤認しているだけで、

 

微塵も自力はない。これが親鸞聖人の念佛のご領解だと思う。

 

念佛を申し、念佛を聞く。念佛のこころを聞く。

 

如来がわたしを思い詰めである。それ以外に不足なし。不足小言は

みな妄想。妄想をまこととしか思えぬわたしに、まかせよと仰る。

 

よきひとの仰せをそのまま頂く。自分はよきひとに沢山恵まれて、

お育てを受けている。思い通りにいくことが幸せだと思っていたが、

そうではなく、今お念佛申す身にして頂いた、これがまことに

身に余る幸せである。如来まします、これだけで心安楽。

 

南無阿弥陀