むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

雇用

人間が憑みにしているものに、会社(組織)がある。

 

会社の役職、役割、仕事によって、生活が支えられている。

 

大企業、中小企業さまざまであるが、やはりその場によって、

 

支えられているといえる。

 

佛教とは如実知見、ありのままを観察する、智慧の教えである。

 

その観察に基づけば、会社は、自分の存在そのものを支える大地とは

 

成り得ない。

 

なぜなら諸行無常であり、縁起によって形が保たれているからである。

 

またその組織において果たすことができる職責は、自分の健康や能力という

 

身体に基づくはたらきに左右されている。

 

すなわち、身体のはたらきに支障が出た場合、その会社で、わたしを支えることが

 

できるというものには、必ず「範囲」がつく。

 

ここまでは、何とかできるが、これ以上は、できない。

 

「申し訳ない。あなたはもういらなくなってしまった」と言わざるを得なくなる。

 

だから、会社、ないし、組織に属する、というのは、

 

利害に基づく契約に過ぎないのである。

 

故に、それを拠り所にする人間は、その縁起が崩れたとき、苦しみを感じる。

 

対して、南無阿弥陀佛とは、寿命無量、光明無量を本とした無限大悲である。

 

無辺光。ほとりがない。えらばず、きらわず、へだてず。

 

根本的に我々の憑みにするものと次元を異とする。

 

畢竟依を帰命せよ、と親鸞聖人は和讃で仰った。

 

これはわれら衆生にとって、存在、生存の根本に関わる言葉である。

 

あなたは何によって、存在していますか?何に依っていますか?

 

会社に限らず、国家も会社もシステムに過ぎない。

佛教の智慧は、冷徹までに、現実を直視している。

 

われらは、この現実から逃げることはできない。

 

崩れるならば、崩れよ。

無常よ、われを滅ぼせども、如来より賜りたる信を滅ぼすこと能わず。

 

南無阿弥陀