むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

往生の中に今在る

往生は生活である。往生は我等の精神生活である。

親鸞の大地 津曲淳三p21)

曽我量深先生の言葉を考える。

この残りの人生は何の意味があるのか。

どうして信心決定の一念で、この身を滅ぼして

下さらなかったのか。

生存にどういう意義を見い出せばいいのか。

そうか、念佛往生を通して、いよいよ助からない

自身が暴露され、光明が深淵に迫って下さって

いるのか。それほどの深い迷いをもって

流転してきたのか。それほど永く道を求めて

きたのか。深く永い迷いだったんだなぁ。

往生は生活であり、この必然に必至滅度、

即ち浄土に至らしめられる。

今は浄土への道中である。佛のはたらき、

即ち念佛往生、大悲が不退である。

忍びて終に悔いじの言葉に不退が現れている。

まだ訪ねて行かなければならないと思う。

一人残らずみなもろともに往生遂げたし。

真実報土とはどんなところなのだろう。

往生を訪ねていく、一途に。

人間は道を求め、求めてきたのだ。

きっとそう思う。

南無阿弥陀