むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

ただ念佛して

自分は決して仏弟子にはなれない。

 

自分の心の中には、いつまでも眠りたい、夢を見続けたい、

 

フトンから出たくない、おいしいものが食べたい、

 

貧しい暮らしをおくりたくない、健康でありたい、

 

こういう心しか湧いてこない。

 

何が悪いの?と思うかもしれないけれど、

 

この心は言葉にした、あるいは、思った時点で、分別している。

 

分別とは、片方を「よし」とし、もう片方を「あし」と分ける心である。

 

「よし」と思う時点で、そのまま「あし」になる。

 

つまり、自分にとって、都合のよいことを「よし」、

 

都合の悪いことを「あし」と徹底的に、無意識に、即座に分けている。

 

思う前に、分けている。

 

そういう性を抱えていながら、自分は「よい」ことができる。

 

「悪」を退けることができる。

 

このような思い違いをしていた。

 

自分には「悪」しかできない。また「善」「悪」を判断する

 

能力が根本的に皆無なのである。

 

少しあるとか、そういうのではなく、有る事無し、つまり、ゼロである。

 

もはや、こうなると、どうしようもない。自分には判断することが

 

できないのだから。

 

ここに届く、「汝、今当に、ただ念佛申せ」の弥陀の本願。

 

親鸞におきては、ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべしと

よきひとのおおせをかぶりて信ずるほかに別の仔細なきなり。

 

歎異抄第二章のお言葉が、真に響く次第である。

 

そして、もはや疑う余地がないことを信知というと味わう。

 

不可思議であっても、生きている、今、ここに、

 

ただ念佛せざるを得なくなった、わたしの上に、本願は成就した。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏