むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

如来は足なり

念佛往生の本願。

 

本願に全託する一念に浄土往生が決定する。それは今決定する。

 

念佛成仏これ真宗真宗遇い難し。

 

浄土も如来も本願も念佛も信心も言葉は違えど、心は一つ。

 

誰のための選択本願念佛か。わたしいちにんを救わんがためでした。

 

ただ念佛を本当に聞き得た時、如来に遇える。

 

初めて自分の宿業の身に、如来が顕現する。

 

そして、その如来は自分の存在全体を支えて下さる、大きな力である。

 

自分にとって、如来は足である。仏地に樹つ足である。

 

浄土真宗は現生不退と聞かせて頂く。

 

はかりなき光といのちに裏づけられた如来

阿弥陀如来の本願力に乗ずるが故に、不退である。

 

不退とは、変わらないこと。変わらない心を憶念といい、

 

わたしを憶念してくださるものを、弥陀の本願と申します。

 

本願とともに。なむあみだぶつ