読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

煩悩は煩悩のままでよい

出よう、出よう、やめよう、やめようとしていたが、

どうやらそうではないらしい。

 

煩悩は煩悩のままでよい。断ぜずともよい。

 

要は執着しなければ、相手にしなければ問題ない。

 

湧くなら湧けばいい。思うなら思えばいい。

 

あぁ、また思っているな。なんまんだぶ。

 

あぁ、うれしやな。なんまんだぶ。

 

あぁ、どうしてこうなのか。なんまんだぶ。

 

諦かに見るというのは、止まらないものは止まらないと見、

常ならぬものを常ならぬと見ることだと思う。

止まぬものを止むものと認識し、常ならぬものを常と思う、これを

邪見驕慢という。

 

 

これで事足りる。出よう出ようと、離れよう離れようとしていたが、

離れずとも結構。今この身このままで、いくらでも離れることができる。

感動の涙でさえ仮であるということは、本当に寂しいけれど、

寂しいという思いも仮である。思いは思いのままに、ただ念佛を聞く。

 

本願とともに。南無阿弥陀

 

後述

 

結構とは書きながら、現実のわたしは、思いに囚われっぱなし。

それでも念佛申せば、帰るべき場所に何度でも帰る。

全休様は、それを平常心というと教えてくださっている。

何度でも、何度でもはありがたい。