むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

夜道のセミ

夜道を歩く。

 

影が動く。あっ、セミだ。

 

土から出てきて、もぞもぞしている。そこは歩行路。

 

踏み潰されてるのを見るのがいやだ、手を伸ばすともぞもぞ上ってくる。

 

少し腕をよじ上る。殻に成虫の兆しが透けている。

 

このセミは何歳だろうか?

 

木に置くと、ゆっくり上っていった。

 

今頃、彼は無事鳴いているだろうか?彼もいのち、自分もいのち。

 

おぉいのちのともがらよ。そのともがらをもてあそぶ事しかできぬ自分よ。

 

自分の思いから一歩も出ることができない。本当に浅ましいけれども、

 

このありようをやめることができない。沈みきっている。

 

ただし、ともに見捨てぬ大悲まします。無量寿如来と申します。

 

われをたのめとよびたもうなり。