むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

外道

光は照らすものであり、そのはたらきは、照らされたものを

 

見せつけるものである。

 

知らなかった。自分が全くの外道であることを。

 

どんなに聞いても聞いても佛道を歩むことができない。

そもそも迷いの中を出たいという気持ちがない。皆無である。

 

望んでいることは、わが身の安穏。それ以外にない。

 

外道を外道とも思わず、聞こえたとか分かったとか言っている。

 

外道であるが故に、分からなくても聞かなければならない。

 

外道であるが故に、我が名を称えるばかりで助けるという仰せが

 

かかっている。無相さんのお言葉を思い出す。

 

南無阿弥陀