むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

むなしさがなくなるわけではない

むなしい、しらける。

 

こういう思いがなくなるわけではないけれど、

 

それはそれでいい。浮かぶなら浮かべばいいし、

 

浮かばないなら浮かばないでいい。

 

戻る、戻らしめられる原点、それを浄土というのでありましょう。

 

いつでもどこでも何をしても、そこに帰る。

 

帰ってはまたでかけていく。家もそうですね。

 

光明無量寿命無量とは、そのままなりで浄土へ往生させるから

 

心配せずに念佛申せよ、心配するなの大悲であります。

 

むなしいならむなしいまんま。嬉しいなら嬉しいまんま。

 

悲しいなら悲しいまんま。ここに親がおる。抱いておるぞの喚び声が

 

この口に称え耳に聞こえる南無阿弥陀佛だったとは知らなかった。

 

驚くべき大悲であり、仰ぐべき大悲を有難く尊く思う。

 

南無阿弥陀