むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

帰る

元の木阿弥に帰る。

 

それが無上であろう。

 

相は同じでも全く別の世界を取り戻して帰ってくる。

 

別の世界でもなくて、ただ忘れ果てていたものなのだろう。

 

ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべし。

 

この言葉は想起させてくれた。

 

親鸞聖人のご苦労、如来のご恩を思う。