むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

信心のおはたらき

信心は分別に染まらない。

 

信心は如来より発起せしめられる。

 

信心は信知、知らしめて下さる。

 

それは何か。決して助からぬこと、

 

だからこそ本願によって念佛往生せしめられること。

 

信心は一心であり、開けば三心と言われる。

 

深心決定心相続心。

 

一心は如来の憶念心、すなわち無限大悲心。

 

無限大悲が敢えて相を顕して喚んで下さる。

 

それが今口に称え耳に聞こえて下さる南無阿弥陀佛の

 

お念佛だったとは知らなかった。

 

如来如去、如よりわれらのためにかたちを示して下さって、

 

われらをいだいて如へ至らしめて下さる。

 

もはや言葉は尽き果ててただ称えよの仰せを聞くばかり。

 

助かるとか助からぬとか、信心があるとかないとか、

 

そういうことは用事がない。

 

ただ助ける、助けさせてくれよの仰せを聞くばかりで、

 

僕の信心なんぞ微塵もいらぬのです。

 

他力というは如来の本願力なり。

 

本願力で助からぬわれら、必ず平等に真実報土へ往生せしめられるなり。

 

それを告げ知らせて下さるのがお念佛であると

 

聞かせて頂くばかり。

 

 

南無阿弥陀