むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

十地の階梯①何の意味があるのだろうか

参考 大乗仏典⑧十地経(荒牧典俊訳)中央文庫


十地経は菩薩の階梯を十で表して下さったお経で

あります。浄土真宗では、浄土三部経が中心な

ため、あまり縁がないかもしれませんが、

非常に大切なことが示唆されたものだと

感じます。親鸞聖人の顕浄土真実教行証文類

即ち教行信証の中にも引用されています。


ここに書かれたことは何か?何を表したかった

のだろうか?

今、体解致しますところは、

原点および反復の重要性、この一点であります。

このお経は、歓喜地から始まる。

少し掘り下げて考えてみたいと思います。

歓喜地は始まりであり、原点である。

この原点が大切なことだとしきりに思うので

あります。何度でも原点に立ち帰る。その中で

言い切れぬ深まりがある、如来が不退転である

ことがいよいよ明らかになる。一方、自らは

全くの凡夫であり、本当に迷いから離れることが

できないと暴露される。


だからこそ、わが名を称えよのこの一句が

本当に有り難い。

南無阿弥陀