むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえ、道が定まる。この道を念佛往生という。南無阿弥陀佛

浄土の大菩提心

悲しい現実はたとえ何も変わらないとしても、

誰も関心がなくとも、やり抜く。

諦めない。必ず形が心を貫く日が来る。

心を射抜く日が必ず来る。

道半ばで刀折れ矢尽き果てても、道を

継ぐものが現れる。


道は続いていく。

往生は道なり。尽き果てぬ道なり。


悲しみやむなしさ、孤独が埋まるわけではない。

決してなくなるわけではない。

心を込めて、形を表す。

表し続ける。佛様が自分にしてくださったように。

真の自由、真の平等、真の連帯を実現するのが、

佛ならば、僕は佛に成りたい。心から、

佛に成りたいと思う。すべての有情の

悲しみが尽き果てることを心から祈る。

いくばくの痛みと祈りを形に表す。

まなざし、ことば、忍耐、文字、佇まい、

体の向き、傾聴、はがき、後片付け、礼儀、

姿勢。形を死ぬまで学びたいと思う。

いつの日か悲しみの雨が止むように。

浄土の大菩提心が今、おはたらきくださっている

ことに深い感銘を覚える。静かな感銘である。


本当に願っていたのは、佛に成りたいという

ことだったのだろうか。

残響は今も胸に鳴り響いている。

静かに、とても深く。

南無阿弥陀