読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

専修念佛

念佛

聞法の場所へご縁を頂き続けると、時々頭を殴られたような

痛みを感じる。

 

自分はなんと大きな思い違いをしていたのだろうと。

 

しかし、そのたびに親鸞聖人は、有縁の先生は教えて下さる。

 

汝、専修念佛を行け、と。如来はすべて知り尽くしている。

汝の正体を知っていると。その上で、我が浄土へ必ず往生させると

仰るのだと。だから心配いらないのだと。

 

故に、ただ念佛の一道、専ら無量寿佛の御名をたもつより外に

道がない。次第に次第に念佛一道へ引かれるような、本願力を思う。

 

本願とともに。南無阿弥陀

 

わたしにとっての真宗

浄土真宗

仏教と聞くと、あるいは宗教と聞くと、どのような印象を抱くだろうか?

 

現世利益、加持祈祷。神様、仏様にお祈りする。無病息災を。

 

そんなものだと思っているとしたら、全くの見当違いである。

 

仏教とは、浄土真宗とは、本願によって、自らを受け止められ、

 

受け止められることではじめて自分を引き受けていく、

 

自分を生きていくという覚悟が起こる。

 

ずっと忌避してきた、逃げてきた自分を、今、やっと取り戻した。

 

自分を生きた、そう云える今を生きている。

このことを自在というのだと教わる。

 

念佛、本願に出遇う、ということはそういうことだ。

 

自分の思いが破られて、いのちに生きる。その歩みが今始まった。

 

信に死し、願に生きると曽我量深という先生が仰ったと聞く。

 

わたしの独りよがりの思いが常に破られて、いのちが新鮮な感動を

もってはたらきかける。

 

光明がわたしだけでなく、ともに在るもの一切を照らし、

いだいている。照らし続けている。受け止め続けている。それを大悲という。

 

これが真宗である。

 

ひとと生まれてしまった以上、

自分自身からどうやっても逃げることができない。

 

現実から目をそらさずに、凝視する。凝視し、苦悩し、絶望したところに、

初めて如来の声が聞こえる。

 

そのことを聞其名号 信心歓喜という。

 

ひとは、出遇うということが起こりうる存在である。

如来の教法がまします、今現在に生かさせていただいていることを

深く感謝します。

 

そういうことが起こることを、歴史が証明している。釈迦如来

七高僧、名もなき念佛者の人生が本願念佛を証ししている。

 

そして、この先、辛く苦しく悲しくむなしい日々が必ず訪れるだろうし、

大切な人とも別れ、

やがて必ず死んでいかねばならぬけれど、我が宿業、わが煩悩を

本願によって燃やし尽くされる。これが最期だ。往生は必ず遂げられる。

 

後生どこへいくかは知らねども、われは、今ともにある方とともにいくのみ。

 

地獄一定、往生一定。

二つは相は違えども、その心は如来との値遇が根源である。

表裏一体、不一不二。

 

本願とともに。南無阿弥陀

わたしの道が始まった

徒然なるままに

今までこちらへ行き、あちらへ傾き、左に行き右に行き

模索しておったのが、『私の行く道はこれだ』と、

その道が決定した。それを「往生一定」といいます。

私の人生の生き方が根元から定まった、これに増したことはない。

そのことを「御恩」と申します。(和田稠先生「生死出ずべき道」P83)

 

 

親鸞聖人、七高僧、和田先生、藤谷先生、有縁の先生。

 

先達の言葉にふれると、感銘を受ける。なぜか。

 

それは、いのちが言葉となっているからである。

あるいは、真実そのものが言葉となってその人を支え、

生かし切っているからだと体解する。

 

真宗は生きている。真宗聖典の言葉は躍動している。

脈をうっている。止むことがない。

 

自分を覚まし続け、覚まし続け、どこまでも、どこまでも、

思いを破り続ける。おぉ、こんな言葉があったのか、

おぉすごいなぁ、不思議なことだ、ともに今を生きているのだなぁと感動する。

一休みする暇がない。

このこと全体を往生というのだ。生活に往生が始まった。

終わりなき歩みが、生活が、わたしの上に今、開かれた。

そのことを往生一定、如来わが往生をさだめしご恩というのだ、と

和田先生は仰っている。

 

ありがたいことに、沢山の先生とご縁を頂き、選択本願念佛の

お心を懇ろに教えて頂いている。佛縁を賜り、本当に有難く思う。

 

自分にとって、ありのままを受け取って、ただ念佛を申す、

専修念佛の一道が始まった。他の方は一切関係がない。

念佛の目的は念佛。ただ聞くことにある。

 

善悪、邪正、ひとつもわからない。悪性もやまない。差別の心、

疑いの心は一寸も止まない。自分自身を拝み、供養する心も廃らない。

どこまでも我を立てる根性が抜けない。

死ぬまで抜けない。

 

我が心、わが身、我が思いに一切用事なし。それを貫く無碍光。

それは想定済みだ、ということ。すでに如来の智慧は本性をご存知である。

だからこそ、汝を決して捨てぬのだと仰る。

 

ただ選択本願の名号を聞く。それで事足りる。このことが往生一定である。

 

本願とともに、どこまでも歩み続ける。南無阿弥陀

 

法の真実を説け

徒然なるままに

和田先生は仰った。

 

個人の心境を述べるに留まってはいけない。

一人ひとりの心境は異なるのだから。

だから先達は云った。法の真実を説け、と。

それは法に出遇った人の言葉である、と。具体的には経論である、と。

 

自分に教学がないため、心境を述べるに留まっていると思うし、

そもそもこのブログ自体、自分自身を確かめるためだけに書いているものである。

誰のためでもない。誰かのためにといえたらいいけれど、自分はそんな殊勝な

ものでないのである。

 

ただし、佛法という原点から離れて自分の思いばかり記しても、全く無意味である。

 

最近教えて頂いた、西方指南抄という親鸞聖人が残してくださった書物

一文を味わう。これはとてもありがたいお言葉である。

 

阿弥陀佛いまだ佛になりたまはざりしむかし、

もしわれ佛になりたらむに、わが名号をとなふる事、十聲・一聲までせむもの、

わが国にむまれずば、われ佛にならじとちかひたまひたりしその願むなしからずして、すでに佛になりたまへり。

しるべし、その名号をとなえむ人は、かならず往生すべしということを。

 

中略 

 

たれだれも、煩悩のうすくこきおもかへりみず、

罪障のかろきおもきおもさたせず、ただくちにて南無阿弥陀佛ととなえば、

こえにつきて決定往生のおもひをなすべし、

決定心をすなわち深心となづく(西方指南抄 一五)

 

歎異抄第二章ののただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべし、という言葉は、

唯円房という方の耳のそこに留まる言葉であり、とてもありがたい。この通りだと

思うからである。

 

しかしこの言葉は、親鸞聖人自身が、法然聖人を思い起こされた西方指南抄に

直接ご自身のお言葉で書いてくださった言葉と聞いている。

 

故に、自分はこの言葉を大事にあたためていきたいと思う。

 

木村無相さんは偏依親鸞聖人と仰っていたと聞く。自分も少しずつ、

聖人の和語聖教を中心に読ませていただきたいと思う。

 

この言葉が自分の現実を支えてくださる、お念佛が日常を助けてくださる、

本願が足となり、大地となりわたしを支えてくださる。

これが自分にとっての法の真実である。

親鸞いちにんがためなりけり、のお心をしみじみ味わう。

全休様が、信仰とは如来と一対一の関係に入ることであると教えて下さった。

有難く思っています。

 

本願とともに。南無阿弥陀

 

一部文字が大きくなっておりますが、意図的にしたものではないのです。

ご本願のお心かと思い、そのままにしております。

どこまでも育ち盛り

浄土真宗

思い通りにならない現実があり、

そこから逃げよう、できるだけ痛い目にあわないように、あわないように、

やっているけれど、それでもしょげることもある。苦楽の相を思う。

 

晴れの日があれば、雨の日もあり、曇りの日があれば、雪、嵐の日もある。

移り変わり続ける。ひとところにとどまらない。

 

いつでも念佛を聞く。行住坐臥、不問時節久近と仰る。

ひとり、小さな声で念佛を申す。自分に聞こえるだけでよい。

他の誰でもなく、自分自身が聞かねばならないのだから。

口で称えれば、耳に聞こえる。

口で称えれば、自分が一番聞こえる。もし聞こえなくても、骨に響く。

振動する。念佛が唸る。

 

いつでもそこに帰る。何度でも。受け止め続けて下さる如来まします。

 

無限が有限に姿を現す場合、繰り返し、繰り返しという相であると頂く。

 

柔軟心の成就と信の純化。

このことを藤谷先生は大事に思っておられたと聞く。ご本にも書いてあった。

 

念佛即生活、生活即念佛。生きている現実を超えていく具体的実践が

柔軟心であるからだろうと思う。

 

繰り返し、繰り返し出遇い続ける。何度も、何度も、自分の思いを破られ続ける。

思いが破られ続けることを忌避していたはずなのに、今はそこに驚きと

感動と感謝がある。これは自分から立ち上がるものではない。

 

繰り返し、繰り返し、何度も、何度も、出遇い続けるうちに、

深まっていくのだろう。自分はただ如来の仰せに随順するのみ。

一方的な客体であり、主体ではない。

 

まともに受けると痛いことだらけ、でも本願が出来事を和らげる。

 

現実が飛んでくる。

でも念佛の壁に当たって、手元にゆっくりころがってくる。

自分はそのゆっくりにころがってくる現実を受け止める。

汝不実なり、と照らされ続ける。そこに朗らかな日差しを思う。

 

念佛を聞くということは、佛によって柔軟心を育まれることのように思う。

 

遠く宿縁を慶べ、のお言葉、しみじみ思う。

 

本願とともに。南無阿弥陀