むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

全く仏法が身につかない

教えを聞き、念佛を申す。

 

色々やってみる。柔らかなことば。

 

応対。怒りの抑制。悲しいかな。ちっとも

 

変わらず、浅ましく情けない有様であり、

 

肉魚を食べ、酒を呑み、嘘や媚び諂い、

 

両舌、ごまかし、偽り、偽善にまみれきって

 

いるが、どうしても離れることができない、

 

にもかかわらずすぐに助かったような気に

 

なる。

 

ただし、帰る処はある。仰せである。

 

だからこそ、わが名を称えよと

 

如来は常に仰るのである、と善知識は

 

教えて下さる。だから念佛に帰る。

 

本当仏法が身につかない(笑)

 

実はきっと、身につくと思うことも

 

驕慢なのでありましょう。

 

南無阿弥陀