読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

如来ともにまします

絶望を光に転じる出遇いだった。

 

念佛との出遇いから、もうすぐ丸二年である。

 

もしも救われるということがあるのであれば、

自分一人ではなく、一切のともがらが、ともに浄土へ

往生することであろう。信心は所有物ではなく、

身につくものであると金子先生の本願の宗教というご本にあったが、

信は終着点ではなく、出発点である。

 

 

自己満足で完結するようなものではない故に、

還相廻向させると本願に誓われているのだろう。

 

香樹院語録という本に、生涯のうちたった一人でも

念佛者を産んだならば十方諸佛がお喜びであり、

親鸞聖人にも面目が立つぞという趣旨の教えがあった。

 

今生では如来の役に立つことはできまいが、

往生を遂げさせて頂いたならば、親兄弟親戚ペット、

すれ違った人、隣に座った人、一切有縁を浄土へ

導くことができるはずだ。

 

たった一言言葉を交わすことさえ、無駄にはしない。

如来の大悲を思う。

 

これからも辛く悲しいことが沢山湧いてくるだろう。

でもこれで最期。苦しみを引き受ける力を念佛といい、

如来ともにましますという。

 

まことの自由を浄土往生という。

念佛往生は自然に浄土往生遂げていく。

 

南無阿弥陀

いのちのともがら

十方衆生とは、みなご縁のある者ということだと思う。

 

われらは、弥陀に助けられるべき存在であり、業が違うので、

 

姿形性格、性別さまざまな違いはあるけれども、

 

生まれてしまった者、必ず死に帰さねばならない者という点において、

 

全く同質のともがらである。世々生々の父母兄弟のお言葉がまことであろう。

 

つまり、上下左右、貴賎、男女、富貧、一切は夢の如し。

それらは、本質ではない。全くのうわべである。

 

決して、本質を見失ってはならない。

 

『原点は出所でもあり、また帰るべき場所でもある』

ご縁のある先生のお言葉を思い出した。

 

我らはうわべで損やら得やら、良いやら悪いやらといって遊んでいる。

本当は何ひとつ知らないし、分からない。

 

如来の仰せに従うべきいのちを、みな生きている。

如来の仰せはただひとつ『わが名を称えよ、必ずわが浄土へ往生させる』

 

どうかすべてのともがらがともに念佛を申してほしい。

 

南無阿弥陀

一向専修

法然聖人、親鸞聖人は一向専修の人であったはずだ。

 

その流れを組む者であれば、念佛を申せという仰せに

 

従い、念佛を専ら聞くのが自然であろう。

 

祈願請求の念佛ではなく、わざわざ南無阿弥陀佛にまで

 

成ってくださって、今ここに声に出でて下さる。

 

念佛に自力はない。自力で称えれていると誤認しているだけで、

 

微塵も自力はない。これが親鸞聖人の念佛のご領解だと思う。

 

念佛を申し、念佛を聞く。念佛のこころを聞く。

 

如来がわたしを思い詰めである。それ以外に不足なし。不足小言は

みな妄想。妄想をまこととしか思えぬわたしに、まかせよと仰る。

 

よきひとの仰せをそのまま頂く。自分はよきひとに沢山恵まれて、

お育てを受けている。思い通りにいくことが幸せだと思っていたが、

そうではなく、今お念佛申す身にして頂いた、これがまことに

身に余る幸せである。如来まします、これだけで心安楽。

 

南無阿弥陀

無有出離之縁

出離の縁がない、助からないということはどういうことかというと、

この身この心では、十悪五逆誹謗正法という生活から、

どうしても離れることができないということだと思う。

 

生死流転とは経巡り続けるという響きがある。

 

出所、上流が腐っていれば、以下はすべて汚染される。

 

自分自身に浄化の能力がない。他人の痛み悲しみを我がことと

受け取ることができない。断絶がある。

 

そして、他の生き物を殺し、嘘をつき、金を貪り、他を欺き、

 

都合の悪いもの一切を憎み、捨て、傷つける。これが自身の実相。

 

助からない。この無意味な生活から脱出することができない。

死んでも生まれ、生まれてはまた死んでゆく。無明が有る限り、

迷いの存在は滅することはない。また次の肉体と結びつく。

 

助からない。これが事実。このような生活しか、術がない。

 

しかし、だから、助ける、助けずばおかないの無縁の大悲がかかっている。

 

その大悲の声が、一声の南無阿弥陀佛。汝はわが名を称えるばかりでよい。

 

すべてを弥陀が引き受ける。まかせよの仰せ、これが南無阿弥陀佛。

 

南無阿弥陀佛は変わらない。

 

これがたすからないままたすけられる教え。そのままの教え。

 

わが名を称えよ、この如来の仰せに専ら従う。仰せに従い、ただ称え、

 

ただ耳に聞く。響きを感ずる。それだけである。他に別の仔細なきなりの

 

言葉のとおりである。

 

南無阿弥陀

 

 

 

であい

ひとつひとつのであいが、今のわたしをつくっている。

 

これからもつくってゆく。

 

つくりつづけてゆく。

 

あのであいがなければ、いま、ここにあるわたしではなかった。

 

ながしたなみだも、かなしみも、くやしさも、みじめさも、

 

いきどおりも、よろこびも、むなしさも、いまのわたしにつらなっている。

 

あぁ、もったいない。

 

過去も未来も現在もであいがわたしをつくってゆく。

 

なむあみだぶつがわたしをたすけてゆく。

 

たすからぬままたすけられる。そしていま如来まします。

 

南無阿弥陀佛の喚び声を告げ知らせんが念佛なり(藤谷秀道先生)