むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

またしばらくお休みします

122 一宗の繁昌と申すは、人の多くあつまり、威の大なる事にてはなく候う。一人なりとも、人の、信を取るが、一宗の繁昌に候う。しかれば、「専修正行の繁昌は、遺弟の念力より成ず」(式文)と、あそばされおかれ候う(蓮如上人御一代記聞書)

 

立派な法要に参加させて頂いた。寺族、一般の方問わず、沢山の方が

いらっしゃっていた。

 

しかし思った。この中で信を獲ている、あるいは獲ようと足を運んでいる人は

いったいどのくらいいるのだろう、と。

 

自分は聞くために伺ったが、法要が終わり、お話に入る前に帰られる方も

見受けられた。

 

浄土真宗は、学問知識教養の類ではなくて、存在に決着を着けて頂くための

教えである。

 

つまり、存在が問題にならないのであれば、必要がない教えといえる。

 

では、お前はどうだと言われると、首を傾げざるをえない。

 

なぜなら、自分にはそもそも聞きたい、聞こうという心がないからだ。

 

念佛申す身にして頂いたのは、ひとえに如来のおんもよおし、光明名号の

 

お育てに預かったからである。自分の力は微塵もない。

 

他力というは如来の本願力なり(教行信証

 

また暫くお休みさせていただこうと思います。別に意味はありません。

 

ただ何となく、書くことよりもむなしさに浸りたいと思うだけであります。

 

南無阿弥陀

 

17.06.13追記

 

有縁の先生はこう仰いました。

 

自分の救いを抜きにして、言葉遊びをして、あぁだこうだ言っても、

何の意味もない。自分のような者が本願力によって助けられたのだから、

必ず一切衆生は助けられる、必ず如来に出遇うのである、と。

 

先生の目には涙が浮かんでいました。僕はそれを見て感動しました。

 

虚仮不実で、こびへつらい、どうにもならない自分であるけれども、

一つだけ、まことが言えるとするなら、

ずっとわれらを待ち続けているのは如来であり、その名告りが、

南無阿弥陀佛である、ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべし、

これだけであります。あとは何にも知りません。

 

面々のおんはからいなり、との親鸞聖人の仰せを思って

しばらく筆を置きます。では、また。

 

 

法性のまこと

弥陀佛は自然のやうをしらせんりょうなり(末灯抄)

 

いろもなく、かたちもない、言葉尽き果てた無上佛。

 

そのお心は、すべてのいきとしいけるものを、すべてもらさず、

 

立派にしてやりたい、という大悲。

 

無上佛を法性のまことと藤谷秀道先生は仰った。

 

弥陀佛から無上佛を見出す。無上佛のお心を弥陀佛を通していただく。

 

二つは一つで、一つは二つ。決して離れない。

 

念佛往生は法蔵比丘の悲願。わたしの悲願ではない。

如来の悲願は必ず遂げられる。弥陀如来衆生の往生が定まった姿と

聞いている。大悲が我執を貫いたとき、本当の生が始まる。

 

念佛は弥陀如来が更にわたしの声とまで成ってくださった。

その一声が如来の呼び声である。この一声が大悲である。

ただ念佛の声、念佛の仰せを聞く。

念佛の仰せはたすけずんばおかんの仰せ。

 

僕は化土往生で十分です。大悲をもって拵えてくださったのなら、

化土だろうが、報土だろうが、どっちでもよいのです。

今ともにいる如来にもう救いを求めることはない。

ただともにいてくれるだけでなにもいらない。

 

心は常に渇いていても、願力は無窮、心配するな、の仰せ。

 

 

南無阿弥陀

存在の有様

衆生とともに、ほかのいのちとともにしか存在できないにも限らず、

 

自分はほかの命を貪り、利用し、捨てるようなことでしか生きられない。

 

いくらすべきではない、と思っても、それを止める力がない。

 

気がついたら、もう、すでに、している。

 

自覚のないところで、一体どれほどのことをしているのだろうか。

 

自分の分からない深層には、無量劫ともいわれるほどの時間に

 

おかしたこと、そして、今の自分自身は一生造悪。一期が尽きるまで、

 

このような有様は変わることがないと仰る。

 

もはや力なく念佛を申すしかないのではないか。

 

ある意味では、完全に自分自身、あるいは如来を除く一切を見限っている。

 

でも、それでも今の自分自身の有様は情けなく、ひどいものである。

 

そくばくの業をもちける身にてありけるをたすけんとおぼしめしたちける、

本願のかたじけなさよ(歎異抄

 

いよいよ法蔵比丘の本願力が輝きを増す。いよいよ真実味を帯びてくる。

 

南無阿弥陀

衆生とともに

人身(にんじん)受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。
この身今生(こんじょう)において度せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身を度せん。大衆(だいしゅう)もろともに、至心に三宝(さんぼう)に帰依し奉るべし。

自ら仏に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大道(たいどう)を体解(たいげ)して、無上意(むじょうい)を発(おこ)さん。
自ら法に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、深く経蔵(きょうぞう)に入りて、智慧(ちえ)海(うみ)のごとくならん。
自ら僧に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大衆を統理(とうり)して、一切無碍(いっさいむげ)ならん。

無上甚深(じんじん)微妙(みみょう)の法は、百千万劫(ごう)にも遭遇(あいあ)うこと難し。我いま見聞(けんもん)し受持(じゅじ)することを得たり。願わくは如来の真実義を解(げ)したてまつらん。

 

勤行の前に、拝読する三帰依文です。

 

自分を中心に世界がある。うまくいかないのは世界が悪い。

このように生きてきました。

 

しかし、今はこのように思います。

 

自分は、他のいのち、世界とともに存在するものであって、それらが存在せずして

自分が存在することはない。ともに存在するものである、と。

 

念佛が聞こえたとき、歓びを握るということが起こりました。

それが1年あまり続いたでしょうか。

 

沢山の先生との出遇い、聴聞によって、そうではない。

念佛、仏法とはひたすら聞くものであり、掴むものでも、握るものでもない。

 

一途に聞くものであると教えて頂いております。

 

そして、自分だけよければよいというものではなく、有縁の人々が、仏縁を

結び、ともに念佛申し、浄土へ往生するまで、決してこのあゆみは終わらない。

 

幸福か何か知らないけれど、そんなちっぽけで、安っぽいものではない。

 

そんなものは独りよがりだ。自己満足に過ぎない。つまらないことだ。

 

しかし、たびたび握ることが起こるけれども、念佛と信が立ち返り、

立ち返り、解いていく。

 

念佛往生は如来の悲願。わたしの悲願ではなく、如来法蔵の悲願である。

 

南無阿弥陀

 

助けるの仰せ

如来は待っている。衆生を信じて待っている。

 

ただ待っているのではなくて、動きながら待っている。

 

すべてを知り抜いて、どうしても助からない、迷いに埋もれるしかない

 

このわたしを、だからこそ、我は決して汝を捨てない、と仰っている。

 

これが弥陀の誓願。果たさずばおかないの心を果遂の誓いと仰る。

 

これがわたしの体解する仏法、すなわち南無阿弥陀佛。

 

すべてから見放され、一切を捨てたわたしを、それでも助けずばおかない、

 

我が名を称えよとの如来の大悲の仰せ。

 

どんな言葉も尽き果てて、ただ南無阿弥陀佛南無阿弥陀佛。

 

助からないまま、助けられる。

 

助からないそのまま、必ず助けられる。不可思議の大悲本願智慧念佛。

 

法蔵の大願業力に一切を托す。これが帰命の相。一度まかせたらすべてをまかせる。

 

仰せのままに南無阿弥陀佛。

 

 

*こんなこと言っても、本当は分かったつもりになっているだけなのです。

 

 どんなことばを用いても、表現できないし、表現しつくせない。

 

 それはただ、南無阿弥陀佛と念佛を申す以外に表しようがないのであります。

 

 自分の信心が破られ続ける、思いが破られ続けるのはめでたい、と

 

 和田先生は仰っていました。おそらく、自分の独りよがりの理解、解釈が

 

 念佛によって打ち砕かれ、ようこそこんなわたしを捨てずばおかないと

 

 仰って下された、と慶ぶ、信の一念に何度でも立ち返ることを

 

 仰りたかったのでは、と思います。いずれにせよ、念佛を申し、耳に

 

 聞こえるのは、決定往生の響きと教えて頂いております。

 

 

 称名念佛の人は決定して往生すと信じて乃至一念もうたがう事なきを、

 

 深心と也(西方指南書 15実秀に答ふる書より:親鸞聖人)