むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

真実に出遇う

人間は真実を掴むことはできない。

 

即ち有限なる故に。

 

真実は無限なり、はかりなきいのち、

 

はかりなきひかりと仰せられる。

 

掴むこと能わずとも値遇することは

 

できる。即ち乃至十念若不生者不取正覚の

 

誓いに帰命する一念の信心起こるとき、

 

摂取不捨の大悲に出遇うのである。

 

そこに久遠より求め続け、悲しみと苦しみと

 

むなしさと流転を重ねてきた所詮が成就する。

 

正に今、ここに如来われとともにまします。

 

念佛のすがたを摂ってまでタスケルと仰せ

 

下さる本願のかたじけなさよ。

 

まことに如来智慧と大悲には果てがなく、

 

底もない。無量無辺無限である。

 

今ここに南無阿弥陀佛と喚んで下さる。

 

それに帰すばかりであります。

 

南無阿弥陀