むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

溺れる夢

濁流に流され、川底に引きずり込まれる。

 

息が吸えず、苦しい。誰かが足を引っ張る。

 

溺れた人は自分だけではなかった。

 

大勢の人が濁流に呑まれ、自分もまた

 

沈んでいく。

 

味わった息苦しさと足を掴む力は

 

生身で感受する以上に現実味を帯びていた。

 

さて、どちらが夢で、

 

どちらが現実なのだろうか。

 

ただ一つ言えることは、夢の自分、

 

現実の自分を問わず、如来が仰せになるのは

 

わが名を称えよ、

 

必ず浄土に往生させるというこの一句は

 

変わらないということである。

 

夢でも溺れ、現実でも溺れ沈みきっている

 

自分に南無阿弥陀佛が降り注がれている。 

 

煩悩に引きずられつつ、

 

煩悩に染まらぬ大悲、これだけがまことで

 

あります。

 

南無阿弥陀