読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

負けて生きようと思う

人生の勝ち組とか負け組みとか、世間では色々あるが、

 

本当に勝ちとか負けとかあるのだろうか?

 

そもそも、人生の勝ち負けって、なんなのだ?

 

自分にはさっぱりわからない。

 

一般的に、金がたくさんあるほうが、幸せ。

 

子どもがいないより、居たほうが幸せ。

 

誰がそんなこと決めた?いや、決められる?

 

何が幸せで、何が不満か、それは、いちにんいちにんの価値観、

 

よりきつく言えば、いちにんいちにんの欲にかなったことが幸せだと、

 

勝手に、自分が思い込んでいるだけなのではないか?

 

今日、思った。

 

自分は、喜んで、負けて生きていけばいい。

人様を立たせて生きればいい。

 

実在するのは、今、自分のいのちが恵まれているという事実。

如来とともに自分がある、という事実。

なんまんだぶ、なんまんだぶとお念仏させていただける身に

して頂いたこと。

家がある。自分の身がある。ふとんで眠れる。好きなひとと一緒にいれる。

食事を頂ける。歩くことができる。歩きながら念仏させてもらえる。

聖教を読ませていただける。お勤めをさせていただける。

ご法話を聴聞できる。

仕事を通じて、社会とかかわりを持てる。

 

何の不足がある?満たされないとしたら、

己の心が勝手に妄想しているだけじゃないか?

これ以上、何を望む?最高じゃないか。

 

と、思ったので、自分は、

これからもよろこんで負けて生きていこうと思った。

 

追記15/12/08 負けて生きていけばよい、と思えるのは、

仏の智慧によるものであり、自分の考えを変えれば受け入れられるものでは

ないと、教えてもらった。仏の智慧は滅する智慧ではなく、転じる智慧である。

.

 

有難いことに、わが身は阿弥陀さんのお慈悲に心の底から満足している。

 

南無阿弥陀仏