読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

備忘)顛倒について

自分を含め、ひとは、ひっくりかえるものばかり求めている。

 

それが求まらなければ、泣き、わめき、叫び、死にたいという。

 

その苦しみの根本に気がつかず、目先のことばかりを求める。

 

どうして、こんなことになっているのか。

なぜ、こんなに愚かなのか。なぜ、真実を求めないのだろうか。

 

そして、なぜ仏は、菩薩は、そんなことを言うわたしを見捨てずに、

たすけてくださったのか?

 

なぜ、お経やお聖教のいたるところに、衆生のため、諸々の貧苦ために、

とおっしゃるのか?

 

なぜ、そこまですることができるのだろうか?

 

今の自分には、まだ了解することができない。

この気持ちの切れ端を感じられたとき、新しい道が開くのかもしれない。

 

以後の日々にて、このわだかまりを確かめていく。

 

16.01.19追記

 

菩提心は、度衆生心であると教わる。これは、一切衆生を

仏にさせる力と味わう。

そして、それはまことの智慧であるゆえに、一切衆生の

苦を抜かんと欲す。

まことの智慧とは、一体、どれほど深いものなのだろうか。