むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

最近の課題

最近の課題は、「わが身」と「煩悩具足の事実」について、です。

 

しかし、これについて、真宗聖典(七祖編)を拝読し、少しずつ

学ばせて頂いています。

 

結論は「空」であり、一切のものは「縁起」によって生起している、

ということを教えて頂きますが、わが身には何のことやら、分からないのです。

 

どうしても、わたし、という意識、あるいは、大事な人が存在している、

これからもずっと居てくれる、としか、よう思えないのです。顛倒とか、

煩悩具足やとか、言われても全然分からんのです。本当に。

 

 

仏法を聞かせて頂くということは、「汝は間違いなく凡夫であるぞ」と

いうことを聞き続けることであり、

それは、如来に対して、

「はい、おっしゃるとおりです」と頭を下げ念佛申すことであり、

「自分は凡夫だけど、本当に凡夫でよかったな」としみじみ、味合わせて頂く歩み

である、のような気がしています。

 

そして、これはこれでいいのだと思っています。

そこに「わたしの想い」を挟む必要一切はない。また、挟めない。

 

事実は一切の物事を先行している。

 

この言葉が最近、特に味わっている言葉です。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏

 

追伸 しかし、自分はあてにならぬものを信じなければ、

 

あるいは、罪を感じなければ生きられないものであるという事は、

 

本当にかなしいことだと思います。しかし、この裏に如来の慈悲がまします故に、

 

向かい合いたいと、何とか立っているようなそういう気持ちです。