読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

自分を取り戻す佛道

真宗とは、自分を取り戻す佛道であると頂いた。

 

凡夫が凡夫になっていく。ありのままの自分を受け止めていく。

 

親鸞という方は、それを自らの身を通して歩んでくださった方であり、

 

だから、僕らと距離が近い。遠くない。

 

自我という殻を破り、本当の自己を取り戻す。

 

自分は、自分であってよかったのだ、と自分に、自らの歩みに納得する。

 

あるいは、自分自身に決着をつけるために、人として生まれてきた、といえるだろう。

 

これは、自分だけではなく、すべての生きとしいけるものに共通する課題である。

 

もし、決着がついたらどうなるか。

 

一日一日を精一杯生きる。汗をかいて、泥にまみれて。人に関わって。

自分から逃げない。弱さを受け入れる。他の人の素晴らしさに驚く。

一日一日を新に生きる。念佛の上に生活をする。

 

自分が自分にも分からない心の奥底で、本当に求めていたことは、

自分に決着をつけることだった。

 

そして、それは結論的には、念佛申す身に仕上げられるということだった。

 

自分が念佛を申すということは、本当に不思議なことだと思う。

念佛とは、如来の御名である。御名とは、南無阿弥陀佛であり、

阿弥陀如来の御名である。

 

本願とともに。南無阿弥陀