むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

変わりどおしや

ある住職が、病に臥し、お見舞いに門徒の方がいらっしゃいました。

 

「ご住職、お変わりはありませんか?」

 

「わしは変わりどおしや。」

 

台風が来ています。暴風雨により、災害が起き、交通機関も

 

混乱が起こります。被災されたり、不幸に見舞われたりする方が

 

どうしてもおられます。それは、お気の毒であり、悲しいことです。しかし、

 

晴れの日があれば、曇りの日もあり、雨の日があれば、雨が降らない日も

あります。

 

一時として、留まる、止まることなく、常に刻々と移り変わっている。

 

人も、物も、自分も、心も。友も。

 

風よ吹かば吹け、雨よ降らば降れ。今を忍べば、また晴れの日が来る。

無明長夜の灯炬、わが身に具足し、ただ念佛し、ただ耳に聞こえる。

それだけでいいし、ただそれだけである。

 

本願とともに。南無阿弥陀