むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

選択

決断をする時は、複数の中から「ひとつ」をえらんでいる。

 

選択とは、取捨選択。

 

数え切れない選択肢の中から、如来の智慧、大悲を込めて取捨選択した行、

 

どうにもならないわたしの為に、ただひとつを選び取ってくださり、

 

自身が念佛と成り、行とまで成ってくださった。これが選択本願念佛。

 

念佛のほかに本願はないし、本願が念佛の一声とまでなっている。

 

本願召喚の勅命と仰る。今、耳に聞こえるままが「必ず助ける」の仰せ。

 

仰せに従い、ただ念佛を申す。これが如来如実の言に信順すること。

 

専修念佛の一行。これ一つでいいし、これだけでよい。これだけである。

 

他になにもいらない。最低限あれば、それだけで十分。他は贅沢である。

 

摂取不捨の真言が南無阿弥陀佛である。

自分は無知、如来は一切智、無分別智。如来に全て託す。

そのまま救うが弥陀の呼び声、大悲本願如来智慧愛無限平等大地なり。

 

南無阿弥陀