むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

衆生とともに

人身(にんじん)受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。
この身今生(こんじょう)において度せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身を度せん。大衆(だいしゅう)もろともに、至心に三宝(さんぼう)に帰依し奉るべし。

自ら仏に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大道(たいどう)を体解(たいげ)して、無上意(むじょうい)を発(おこ)さん。
自ら法に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、深く経蔵(きょうぞう)に入りて、智慧(ちえ)海(うみ)のごとくならん。
自ら僧に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大衆を統理(とうり)して、一切無碍(いっさいむげ)ならん。

無上甚深(じんじん)微妙(みみょう)の法は、百千万劫(ごう)にも遭遇(あいあ)うこと難し。我いま見聞(けんもん)し受持(じゅじ)することを得たり。願わくは如来の真実義を解(げ)したてまつらん。

 

勤行の前に、拝読する三帰依文です。

 

自分を中心に世界がある。うまくいかないのは世界が悪い。

このように生きてきました。

 

しかし、今はこのように思います。

 

自分は、他のいのち、世界とともに存在するものであって、それらが存在せずして

自分が存在することはない。ともに存在するものである、と。

 

念佛が聞こえたとき、歓びを握るということが起こりました。

それが1年あまり続いたでしょうか。

 

沢山の先生との出遇い、聴聞によって、そうではない。

念佛、仏法とはひたすら聞くものであり、掴むものでも、握るものでもない。

 

一途に聞くものであると教えて頂いております。

 

そして、自分だけよければよいというものではなく、有縁の人々が、仏縁を

結び、ともに念佛申し、浄土へ往生するまで、決してこのあゆみは終わらない。

 

幸福か何か知らないけれど、そんなちっぽけで、安っぽいものではない。

 

そんなものは独りよがりだ。自己満足に過ぎない。つまらないことだ。

 

しかし、たびたび握ることが起こるけれども、念佛と信が立ち返り、

立ち返り、解いていく。

 

念佛往生は如来の悲願。わたしの悲願ではなく、如来法蔵の悲願である。

 

南無阿弥陀