むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

即横超截五悪趣

即横超截五悪趣と云う言葉が気になります。

 

何気なく読んでいた正信念佛偈のご文でしたが、このお言葉は

 

ただごとではない。

 

横超が浄土真宗、他力念佛の本意。

 

悪趣自然閉、閉塞諸悪道 通達善趣門。

 

われらが流転するのは、三毒の煩悩が原因ではない。

 

無明住地によって、流転している。

 

無明住地という言葉は勝鬘経義疏聖徳太子)にて教えられた。

 

即横超截五悪趣の断絶する対象は一体何か?これが気になっています。

 

無明住地という衆生流転の根本原因を断つことができるのは、

 

如来の菩提智のみであると聖徳太子は教えてくださっている。

 

これを確かめていきたい。

 

なぜなら、誰かの問題ではなくて、自分自身の現在の問題だから。

 

仏法とは、存在全体を通して、ひたすら聞いていくもの、如来

 

尋ねていくものだと体解する。

 

自分には自分の後生の一大事が、あなたにはあなたいちにんの一大事がある。

 

それは誰にも代わる事ができない、厳粛な存在の問題である。

 

梯先生は、このいのちは、他のだれも生きることができないいのちであると

 

仰っていた。そのとおりだと思う。

 

悲しいけれど、われらの命には限りがある。

 

限りある命を本当に生かすためには、如来

 

出遇うしかないと思う。なぜなら、如来以外の一切は、

 

存在の大地とはならないからである。如来のみが常住であり、

 

如来は縁起を超えているからである(究竟法身、法海常住の意)

 

南無阿弥陀