むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

もろともに

あまねく一切を摂せん。この御心が佛心であると頂く。

 

この御心は平等の慈悲に催されて起こったという。

 

我らは法蔵菩薩の平等の大悲願心で、必ず報土、すなわち

 

法蔵菩薩の本願に依って建立された、本願に報いた国土へ

 

往生せしめられるのである。そこにもれはなく、例外はない。

 

われらは凡夫ではあるが、機ともいう。

 

機は法の働き場所であり、法は必ず人によって、顕現するのである。

 

機が法を証しすると言い換えてもいいだろう。

 

みなびともろともに往生を遂げたし。念佛申されたし。

 

念佛は如来のおはたらきであります。専ら聞くべきものでありました。

 

南無阿弥陀