むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

信心の純化と柔軟心の成就

藤谷秀道先生のことばです。

 

十地経が初歓喜地から法雲地まで述べられて

 

いることにも関わってくると思うのですが、

 

たとえ信心決定しても、煩悩を具足、即ち

 

身にまとっていることは変わらぬのです。

 

それどころかいよいよ深く、浅ましいことを

 

如何に知らなかったか。どれだけ世界から自分が

 

許されて存在してきたことかをおぼろげながら

知らしめられるのではないかと思うので

 

あります。信心とは自分と他者とを区別する

 

為に起こるのではなく、自由と平等と連帯を

 

開くために浄土がはたらいてくださる、

 

智慧という相を選んで、念佛にまでなって

 

喚びかけてくださる。

 

そこに何度でも帰る。そこにはもがき悩みが

 

尽きねども、信心の純化、あるいは

 

菩薩の階梯という道程が自ずから開かれる、

 

そういうふうにこのブログを始めて

 

三年、過ごしてきて思うのであります。

 

信心は娑婆に下り、人間のはらわたにまで

 

浸透したならば柔軟心となって、六波羅蜜となり周りの人に

 

はたらく。その波紋は仏法に縁のない人にも必ず

 

伝わる。これが還相回向の現実の相である。

 

死んでから還相回向というだけでは済まない。

生きている今から還相回向の徳が一分つくのであります。

 

藤谷先生の声が響くのであります。

 

 

南無阿弥陀