むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

心境に用事なし

疑心あることなし、これを聞というなり、

 

親鸞聖人は仰った。

 

若不生者の誓いゆえ 

信楽まことにときいたり

一念慶喜するひとは

往生必ずさだまりぬ

 

歓びに浸った時もある。

浅ましさに眠れなかった日もあった。

有難い心も有り難く無かろうと

共に用事なし。今はただ、助けるぞの

仰せに帰るばかり。

 

執着も煩悩もそのまま念佛に流す。

 

ただ称えよの仰せばかりぞのお勧めに

 

帰す。浅ましさもさらけ出して

 

阿弥陀如来の仰せに託す。佛法が全く身に

 

つかない。だからこそ助けるの仰せが

 

垂直不断無量無辺に降り注いで今ここに

 

南無阿弥陀佛と喚んで下さる。

 

疑いは力を失い、念佛に流されていく。

 

もう用事はない。あろうがなかろうが、

 

助けるの仰せばかり。

 

南無阿弥陀