むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえる。大悲の御声。南無阿弥陀佛

佛様の無限大悲

ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべし

 

というよきひとの仰せ。

 

わが名を称えよという本願。

 

助からぬ存在、すなわち、自他を傷つけ、

 

貪り、本当に進むべき道も分からず、

 

ただ立ち尽くし、傍らにうずくまって、

 

誰からも見放され、見捨てられた存在たる

 

僕に、汝よ、必ずわが国にうまれさせずば

 

われ佛にならじとまで誓って下さった。

 

この無限大悲。

 

まことに念佛はまことの行であり、

 

道であり、喚びかけであり、善知識であり、

 

大悲である。

 

今、こうして、抱えきれぬ罪の身に

 

南無阿弥陀佛がかけられている。

 

この道をとぼとぼと往こうと思う。

 

念佛往生の佛様からの道。

 

南無阿弥陀