むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

今、ここで、大悲を聞く

何時でも、今、ここにいる、自分に

南無阿弥陀佛は何を仰っているかを聞くのだと、


先生に教わった。

タノメ、タスケルと仰せくださる佛様が

南無阿弥陀佛。今、ここに、念佛のすがたを

とってまで口から現れて下さる、

聞こえて下さるではないか。

助からぬ汝を必ず浄土に生まれさせる。

これが本願の勅命である、と。

喚びづめの大悲を聞きずめにせよと、

無量寿佛の名をたもて、と、

道の尽き果てた自分に善知識が、

勧めて下さる。

もはや念佛のほかに道なし。

専ら念佛を称えつつ、聞かしめられるばかり。

我が名を称えるばかりで、ほかに何もいらない。

念佛とは大悲そのものである。

南無阿弥陀