むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

聞かねばならないこと

私は大きな思い違いをしていました。

 

わたしは、このようなものだ。

 

わたしは、どうしようもないものだ。

 

わたしは、わたしは。わたしは・・・・・

 

 

聞法する上で、どうしても聞かねばならないことは、

わたしのことではない、と思うのです。

 

それは、如来は、どうして、そんなに、わたしを思ってくださるのか?

 

このことだけ、だと最近思われます。

 

このことを、『仏願の生起本末を聞く』とおっしゃっている、と味わいます。

 

それを聞かせて頂くことが、そのまま、わたしの姿を見ることになると思うのです。

 

それを『法鏡』『法灯明』とおっしゃったのだと味わいます。

 

わたしが思う、わたしとはこのようなものだ、は結局、

わたしが考えるわたしであって、それは、ただの妄想だと思うのです。

 

だから、まことではない。

 

わたしには、変わらぬまことは、

生みようがないのです。