読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

度衆生心(仲良くしたいと思う心)

お経を読んでいます。

 

浄土三部経ではありません。雑行だと言われるかもしれませんが、

 

別に構いません。そういうことを気にする必要はもうありません。そのままです。

 

そのお経に嫌と云うほど出てくるのが『衆生のために』という言葉。

 

三帰依文でも出てくる。『もろもろの衆生とともに』

 

自分はある意味、今生では諦めていることがあります。

 

決して他人とわかりあうことはできない、と。

自分の思いから一歩も出ることができないから、分かり合ったり、

受け止めたりすることが、どうしてもできない、と。

自分さえ良かったら、それでいい、と。

 

でも一方でこうも思います。

 

今のこの心は間違っているな。独りよがりではいけないよな。

誰かの役に立ちたい。本当にお互いを尊重し、理解しあいたい。

 

簡単にいえば、みんなと仲良くしたい、ということのように思います。

 

今まで、自分は煩悩を無視してきました。さしおいて、そのまま念佛を申す、と。

 

どうも違います。

 

煩悩を無視するということは、己を無視することのように思います。

 

だから、煩悩を直視して、ただ念佛を申す。

煩悩があるまま、起こるまま、ただ念佛を申す。

 

これが本当に煩悩を超えるということのように思います。

 

無視ではなく、受け止める。その心を変えることなく、

さしおくことなく、そのままの心で、ただ念佛を申す。

佛名を聞く。

 

煩悩も衆生かもしれません。

目の前の人は、過去世で兄弟だったかもしれません。

目の前の魚は、未来世で親かもしれません。

 

懐かしいなと思うのです。とてもとても。

うーん、一体どんな縁があったのだろうなと。電車で隣に座る人、

たとえ一言も声を掛けない人であっても、まして毎日顔を合わす人は況やです。

 

衆生心とは、本当にこの人を受け止めてあげられない、と云う心でも

あるし、何とかして力になりたい、と思う心でもあると思います。

 

非力な自分ではありますが、有縁の方とともに、念佛往生の心を

どこまでも尋ねていきたいと思うのです。

 

本願とともに。南無阿弥陀