むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

自身に引き当てる

社会の問題に自分はどう関係するのか。

 

なぜこういうことが起きてしまうのか。

 

この結果に至るまでに、この人はどういう

 

日々を過ごし、誰に会い、

 

何を教わったのか。何がそうさせたのか。

 

本当の理由、それに至った経緯は他者には

 

おろか本人にも分からないのだろう。

 

痛ましいことが起こると決まって思い出す

 

お言葉がある。

 

さるべき業縁のもよおさば

 

いかなるふるまいをもすべし(歎異抄

 

おそらく彼は(ひと)に出会うことなく、

 

空過してきた人であろう。

 

道を求めることなく、生存を憎み、

 

うっとおしい生存を誤魔化してきた。

 

結局、自分自身が(ひと)であるかどうか、

 

否、(ひと)になろうと足掻いているか、

 

本当に出遇うべきものに、今ここで、

 

出遇っているかに帰着する。

 

何時でも問われるのは他者でも社会でもなく

 

自分自身の存在の在り方であろうと思う。

 

信仰とは生きた血潮であり、

 

それに触れたのであれば浄土を求めざるを

 

得ないのである。ここは娑婆であり、

 

自身は凡夫である故に、悲しみが浄土を

 

希求させる。あきらめることなどできない。

 

たとえ砕けても構わない。

 

求めずにはおれない。なければならぬのが、

 

真実報土である。

 

南無阿弥陀