むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえる。大悲の御声。南無阿弥陀佛

行が問題だ

具体的現実で問われるのは、実践、即ち 

 

行である。対己に関しては、唯念佛一行、

 

これのみである。

 

対他者に対する具体的実践が、

 

六波羅蜜である。

 

軟らかい言葉。孤独と無関心への忍耐。

 

差入。

 

自分自身を賭けて念佛を表現する、

 

阿弥陀佛の本願が実在することを証せねば

 

ならない。自分が何をするのか。

 

文句を云う前に為すべきことを成せ。

 

仏法は一面、非情な冷徹さをもつ。

 

如来が真実実在であり、自分は凡夫なので

 

あり、仮である。

 

本当に如来は優しく、あたたかく、

 

柔らかく、凛々しく、独立独歩の方であり、

 

誠である。今この身に至り届いてくださる

 

大悲が即ち念佛である。

 

汝、念佛のほかに何の不足あるか。

 

本来微塵も不足あることなし。不足満ち

 

満ちる我が身をあさましく思い、また、

 

すぐに忘れる。

 

南無阿弥陀