むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

往生は慈悲の表現

法は広めるものではなく、

 

最も如来から教化されたひとを通して、

 

広まるものである。

 

これは真宗大谷派、和田稠先生の

 

真宗門徒という本の中にでる一節です。

 

僕にとって和田先生は往生の先生。

 

往生は念佛生活であり、具体的現実、

 

実際の生活で如何に浄土のはたらきを

 

表現できるか、これが勝負であって、

 

ただ一人で念佛に酔っぱらっている者は

 

腰抜けであると思う。

 

浄土のはたらきは、ひとを通して、

 

娑婆でどのように展開され、表現されるか❔

 

忍耐。信頼。迅速。知恵。配慮。感謝。

 

発見。探求。原因分析対策。傾聴。

 

無言。実行。愛語。慚愧。再起。止観。

 

布施。精進。不悔。

 

いわゆる六波羅蜜、特に智慧波羅蜜

 

よって大悲が具体的現実に顕現する。

 

その役割を念佛の行者は担い、

 

阿弥陀佛から期待されている。

 

全く応えられないが、如来わが往生を

 

さだためたまいしご恩に塵ばかりでも

 

報いたいと願う。

 

南無阿弥陀