むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえる。大悲の御声。南無阿弥陀佛

もう一度立ち帰る

唯識を読んでいた途中で、心が移り変わり、

 

専ら経済や仕事の本を手に取っています。

 

知らないことばかりで、また、世間には

 

立派な方が沢山いるのだなぁと感じます。

 

他者になる必要はないのですが、優れた

 

思想、実践、過去の軌跡は知りたいのです。

 

現実は厳しく、残酷で、悲しい。

 

だからこそ、しなやかに、地に足をつけ、

 

たとえ道半ばで力尽きても、一歩一歩

 

歩いていきたい。世界や他者をどうこうした

 

いのではなくて、

 

一途に自分を訪ねていきたい。その果てに

 

到るべき彼岸があるのではないかと思う。

 

本願を表現とか思ったこともあるが、

 

錯覚だった。自分はただ煩悩を尽くし、

 

道を求めていけばいい。佛事はほとけさまの

 

仕事だった。

 

南無阿弥陀