むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、僕も、共に歩む。

無碍光明破無明闇

難思の弘誓は難度海を度する大船、

無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり。

顕浄土真実教行証文類 総序の文 親鸞聖人)


無碍の光明とは、われらに一切の要求がない、

ということ。翻すと、自分で自分を、

他者を真に受け止めることができないのが、

汝なのだ、ということ。

障りなく、救うとは、いつ、如何なる場所で、

如何なる存在になろうとも、どこどこまでも、

我汝と共に在り、必ず我が浄土に往生させん、

と念佛のすがたをとってまで、大悲が、今、

共にまします、ということ。

今、ここで、称え、耳に聞かしめられるところの

南無阿弥陀佛のひとこえ。

自分が称えるには違いないが、出処は、

十七願、諸仏を通して、汝に我が名を称えさせ、

聞かしめ、往生させ、成仏させん、という

本願。

本願が出処につき、私の行にあらず。


大行とは、すなわち無碍光如来の御名を称するなり。

この行は大悲の願より出でたり。

行文類のお言葉。

義なきをもって義とす。如来のはからいで

往生させて頂く。

大聖一代の教、この徳海にしくなし、とまで

親鸞聖人が仰った阿弥陀佛の本願念佛の教え。

ほかに道なし。専ら念佛に帰すばかり。

大悲の誓願、誠に有り難し。慎んで頂礼致す。

南無阿弥陀