むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

むなしさを信頼する

無縁の大悲。摂取不捨。

この言葉の出所を聞く。この出所を本願といい、南無阿弥陀佛という。

 

表面ではなく、言葉の本質、言葉の響き、いのちが形をとった言葉、

言葉となってまではたらくいのち。

それを聞くのだ、と。和田先生の『常没の凡愚』を聞かせて

頂いて改めて思うことである。

 

いのちの要求。それは僕にとっては『むなしさ』であった。『むなしさ』は

お前はこれでいいのか?という問いかけであった。

 

静かではあったが、自分を貫いて要求してきた、確かないのちの声であった。

 

今は『いのち』の声に耳を傾けたいと思う。『いのち』は

共に認め合い、共に助け合い、共によろこび、共に分かち合い、

いのちの友となることを要求している。

 

そして、このことを如来はかねてご存知である。十方衆生という言葉の

でどころはいのちの要求だと思う。

 

 

そのむなしさを信頼しなさい。

 

和田先生はこう仰ったことがあると伺った。

素晴らしい言葉である。このような言葉のいのちを、いつまでも見失わずに、

いのちのともがらと共に生きていきたい。

 

本願とともに。南無阿弥陀