むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

弥陀の直説法

聴聞だけが聞くことではない。

むしろ講師の説法には、その人の思いが混ざることが多々ある。

受け取る方も、そのまま聞くことが難しい。ほぼできない。

 

念佛は弥陀の直説法である。松並松五郎さんは仰った。

 

生粋の直説法。なんまんだぶなんまんだぶと称え、耳に聞く。

聞名の行。これこそ大行である。この一声で決着がつくまでに、

仕上げられたのが浄土真宗。助からぬまま必ず助けられるのである。

行住座臥不問時節久近。いつでもどこでもだれでも、称えるまま

耳に聞こえるその一声一声が弥陀の直説法である。

 

専修念佛唯一行、念佛を聞くひとつで満足である。

 

本当にそう言えるかどうか、確かめるべきである。

 

念佛が称えられないなら、称えられないで構わない。

いよいよ願力で往生させて頂くばかりである。

 

南無阿弥陀