むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

貫く光

無碍光を有難く思う。

 

無碍光を味わうに、わが身我が心の在り様を、一切問わないという心。

 

汝の心身に一切を期待しない。要求しない。一切とはゼロである。

 

汝ただ我が名を称えよ。

 

はい、南無阿弥陀仏

 

本願に相応し、前念命終 後念即生(愚禿抄)

 

わたしの思いが破れて、如来とともに、本当の自分に出遇う。

 

それを前念命終 後念即生と頂く。

 

無碍光とは、関係がない、ということ。

 

念佛ひとつで事足りると先人は仰ったそうだ。

 

自分は、ただ仰せに従い、ただ念佛す。

無碍光とはわたしを貫く。わたしの思いを貫き通す光である。

 

 

本願とともに。十方の兄弟とともに。なむあみだぶつ。