むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

いのちを愛する

たまたま寄った銭湯のご主人の言葉。

 

オレは剣道五段やけど、兄ちゃん、剣の道で何がもっとも

 

強いか分かるか?

 

いいえ、それはなんですかと答えると、

 

それはな、愛やねん。でも、何の愛かわからんねん。何でかわからんねん。

 

人を愛するということでしょうかと答えると、

 

そうかもしれんなぁ、兄ちゃんおおきに。70になってもわからんこと

 

ばかりでのぅ。

 

いのちを愛する、ひとを信じる。たとえ分かり合えなくても。

 

おっちゃん、なんでいきなりこんなこというたんかな。

 

 

自分が如来に信じ切られているからこそ、汝を決して捨てない、

 

捨てれないのであると仰るからこそ。

 

だからこそ自分もひとを信じたいと思うのである。

 

如来は浄土である。浄土は衆生を等しく受け止める。

 

 

 

あるかないかではなくて、なければ今ここにおる自分が生きられない。

 

どうしてもなければならないのが浄土である(藤谷秀道先生)