むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

限界状況(越えられない一線)

因縁和合。つくべき縁、離れる縁。

 

出会いがあり、別れがある。どんなに努力をしても越えられない

 

一線がある。それは、そういう状況に陥るのではなくて、

 

元々そういう状況に在る、状況を具足していることを逃避し、

 

あるいは遠ざけることで自分を保ってきた。

 

生老病死。縁起。無常。孤独。むなしさ。不安。我執。法執。

修惑。無知。

 

これらは自分の存在を超えている事象であり、人間の努力や

創意工夫で決して、乗り越えることができないものである。

 

これらは、自分の存在あるいは自分の宝としているものの正体を

暴き出す。小判だと思っていたものが、実は木の葉だったように。

 

それを見たくない。それをどうしても避けたかった。けれど、

わが力及ばず。このことを自力無効と申す。

 

根本的に次元、あるいは質が違う。それが分からない。

なぜか。自分を信頼しているから。自分とはわが身わが心のことである。

 

克己。克服。まじめなように見えるが、実は愚かである。

 

人間を迷いの存在と見ていない。六道とは迷いの境遇である。

 

その世界、そこに居る自分は迷いの存在である。

 

如実知見。諦観。これが智慧である。

 

もうどうにもなりません、助けてください、

 

と頭が下がったとき、初めて如来の声が心の底に響く。

 

頭を下げるではなくて、頭は下がるものである。

 

本願とともに。南無阿弥陀

 

たまたま去年の同日の記事に追記しました。もしよければどうぞ。

nanashi-0.hatenablog.com