むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

他の方便さらになし

極悪深重の衆生

他の方便さらになし

ひとへに弥陀を称じてぞ

浄土にむまるとのべたまふ(高僧和讃 源信和尚)

(意訳)

極重の悪人である我々は、他の善行や他の仏菩薩の力で救われる

方法はさらにない。

ただ弥陀の名号を称えて、浄土に生まれることができると仰せられる。

 

ワイド岩波文庫 親鸞和讃集 P133

 

極重悪人とは、他の誰のことでもない、わたしいちにんである。

そして、わたしはもはや、一切の方便手立ての尽き果てたものであり、

決して生死流転と呼ばれる存在のありようから抜けることができない者である。

 

しかし、如来は仰る。わが名を称えよ。汝念佛申せ。そんなものは承知だ。

用事がない。一切は弥陀が引き受ける、と。わが本願力は無窮なり。

 

極重悪人唯称仏の仰せにただ従うだけ。

それがただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべしのよきひとの仰せである。

他に用事なし。ただ念佛を聞く。

 

嬉しいとか悲しいとか、罪悪感とか無常観とか、用事がない。ただ念佛を聞け。

その一声の念佛が如来の大悲である。そのまま聞くばかり。聞くことが

そのまま、即、如来の仰せに従うことである。

 

南無阿弥陀