むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

お念佛に親しむ

親鸞聖人の教えを聞く人であれば、やはり、お念佛を申すということに親しむことが肝要であろうと思う。

 

親鸞聖人は諸善を勧めておられず、極重悪人唯称佛とお念佛を申しなさいと仰っておられる。

 

また特定の人から聞かねば信心決定しないなどということは微塵も仰せになられない。

 

善知識だのみなど、全くの妄想であります。

 

諸仏と仰られており、現に僕でさえ有縁の先生方に沢山恵まれている。

 

善知識だのみなど、全くの妄想であります。

即ち南無阿弥陀佛の無窮の大悲を自身の言葉で表白できる人が諸仏なのでありましょう。

 

真宗の念佛は称えつつ聞く念佛であり、聞名の念佛であります。名を称えることを通して、名を聞き、名とまで成って下さった無限の大悲を聞かしめられる。

 

この大悲を聞くことが念佛を申すことの中身であります。

 

名となり声となりて、衆生の上に、助からぬ僕の上に南無阿弥陀佛として成就せずばおかないという大悲が不果遂者不取正覚のお言葉であり、兆歳永劫のご苦労なのでありましょう。

 

お念佛とは無限大悲そのものであります。

 

行住座臥不問時節久近に南無阿弥陀佛の方が決して見捨てて下さらずに、南無阿弥陀佛と喚び詰めに喚んで下さる。これほどのお慈悲がほかにありません。

 

南無阿弥陀佛ひとつで死んで何も問題がないというのはまことにたのもしいです。

 

 

 

南無阿弥陀