むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

摂取不捨の大悲

如来の大悲によって、

 

無上の信心が発起せしめられる。

 

その信心が人を人と育てて下さる。

 

如来が一切の衆生を必ず摂取下さる故に、

 

自分は自分の分限に励む。

 

誠に仰ぐべきは如来の大悲。

 

誠に深きは如来の大悲。

 

誠にあたたかきは如来の大悲。

 

誠に透徹たるは如来の慧眼。

 

如来常にわれらとともにまします。

 

その名告りが南無阿弥陀佛。

 

自分の拠り所は如来のほかに何もない。

 

この如来回向の念佛往生の道を往けばよい。

 

もう何も憑むべきものはないのだから。

 

本当に自分を受け止め得るはたらきは

 

如来

 

ほかにないのだから。

 

結局は念佛にまでなって下さった大悲に

 

何度でも帰るのであります。