むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

この身を生きる

今こうして人の身を頂いているということの意味を問う。

 

自分が人として生まれざるを得ない理由があったのだ思う。

 

この世をお釈迦様は、娑婆世界と仰った。

 

娑婆世界では一切が無常である。

 

そして、そこに住むものは、煩悩具足の凡夫。

 

歎異抄にはこうある。

 

煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのことみなもって、

そらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念佛のみぞ

まことにておはします(歎異抄後序)

 

生きることはきれいなことではないと思う。

 

食べなければ、嘘をつかなければ、外面をよくせねば、

本音ばかりを言えば、生きられないのだ。

 

もしたった一つでも本当に止めようとしたならば、もはや存在できない。

 

そういう自性を抱えて、今こうして生きている。

自分はこの現実を宿業というのだと思っている。

 

現実を憎み、忌避し、軽蔑し、差別してきたのが、自分の歩みだと思う。

 

だから、自分で自分を受け止める事ができなかった。

ずっと逃げてきた。

 

しかし、宿業を憎むのが我執、宿業を痛むのが本願。

だから宿業と本願は決して離れない。藤谷先生の言葉。

 

如来は足である。弘誓の佛地を踏みしめる足である。

だから、自分自身を、今の現実を何とかよろよろ受け止める事ができる。

 

今までの歩みを、今の現実を、精一杯生き切る。

 

これが自分の存在する目的と手段となった。見返りは不要、

ただ選択本願の念佛のみぞまことにておはします。

 

念佛とともに、本願とともに、如来とともに、

僧伽とともに、生きとしいけるものとともに、歩み続ける。

 

如来は足である。わたしを支える足である。

 

本願とともに。なむあみだぶつ