むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

身につける

曽我量深先生の言葉、

 

往生は心にあり、成仏は身にある、と。

 

身とは、今この身であるし、土でもある。

 

自分はこの土に属している訳で、自分と

 

無関係に土がある訳ではない。

 

僕は思うのです。悲しく、辛い生存は

 

この一期で終わりにしたい、と。

 

もう差別、区別、分け隔て、優劣、美醜、

 

こういうものを卒業したい、と。

 

そのために、学ぶことがある。

 

技術、あるいは、表現の方法であります。

 

心はすがたをとって、初めて表出する。

 

身につける、という学び方が、本当に

 

大切なのだろうとしみじみ思います。

 

死に逃避するのではなく、正見し、

 

対峙し、体当たりしていくところに、

 

体解という道がひらいていく、そんな気が

 

するのです。つまりは、主体性の問題です。

 

心境にとどまるのではなく、それを

 

破っていく。こういう道です。