むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

念佛

往生礼讚

もし衆生ありて阿弥陀仏を称念すること、 もしは七日および一日、下十声乃至一声、一念等に至るまで、 かならず往生を得。この事を証誠したまふが故に護念経と名づく。 (真宗聖典 七祖編p712 往生礼讚 後述) わが名を称える者よ、汝よ、流転したくても流…

わが名を称えよ

わが名を称えるばかりで、必ず汝をわが国に生まれさせる。 どうかわが誓願を信じてくれよ、やるせない大悲が声になり、 念佛往生を告げ知らせるのが、南無阿弥陀佛。 わが名を称えるばかりで助ける。ほかに何もいらない。 わが心、わが身に微塵の用事なし。 …

専修念佛

自分がどう思うとか、どういただけるようになったとか。 そんなものに用事はない。なぜなら、思えるときもあれば、 思えないときもある。そんなふらふらしたものに何の用事があるのだ。 ただ念佛往生の大悲、わが名を称えるばかりで必ずたすける、 ほかに何…

本当の救い

たとえ誰か一人でも泣いて、苦しんで、生死に 埋もれる者がいるのであれば、自分は決して浄土にとどまらない。 すべてのいきとしいける者とともにしか自分の成仏は成立しない。 これが本当の救いである。 南無阿弥陀佛

弥陀の直説法

聴聞だけが聞くことではない。 むしろ講師の説法には、その人の思いが混ざることが多々ある。 受け取る方も、そのまま聞くことが難しい。ほぼできない。 念佛は弥陀の直説法である。松並松五郎さんは仰った。 生粋の直説法。なんまんだぶなんまんだぶと称え…

ぼんのうさま

ぼんのうさま ありがとう あなたがたがいなければ 決して仏法を聞くことはなかっただろう ぼんのうさま ごめんなさい ぼんのうのすがたをとってまで 聞かせてくださったのですね おかげで 佛の御名を称える身にまで仕上げられました 煩悩即菩提 生死即涅槃 …

信心のすがた

むなしくない、という題名でブログを初めて、 二年が経ちました。 二年も経ったのか、という思いと、二年しか経ってないのか、という思いが しますが、今自分が頂いている信心の相を記します。 当初、諸佛という言葉がなかなか頂けませんでした。ピンと来な…

流れるままに

固定化したら腐る。 留まると腐る。 念佛は湧き出るまま、流れるままに、専ら聞く。 専修念佛とは、専ら念佛を聞く、この一行をたもつ。 この念佛のいわれを聞く。 法蔵比丘の血と汗と涙と不退の覚悟を込めた言葉、 そして、衆生の、わたしの志願を見抜いて…

法蔵の願心

縁起の法とは、因縁が和合して、結果となる、と聞いている。 退転退屈、無常敗壊とは、因縁がほどけることだと味わう。 一切は因縁の和合に依って成立しているため、それが 保たれている間は、確かにある、存在する。 しかし、それがほどけると、姿形が変わ…

助けるの仰せ

南無阿弥陀佛とは助けるの仰せ。 わが名を称えよ、必ず助ける。 たった十声なりとも念佛申すものが わが浄土に往生しないならば私は佛にならない。 形を通して大悲を頂く。 真面目になれず、煩悩丸出しのままじゃぞよ。 如来の御声がこの一声だとは知らなん…

無明を破る

無明の闇を破するゆへ 智慧光佛となづけたり 一切諸佛三乗衆 ともに嘆誉したまえり(浄土和讃) 釈迦如来は、一切有情の苦悩の根本原因を「無明」の故にと仰った。 この無明は深淵であり、これによって、無始乃至今日今時に至るまで、 流転し続けるのである…

お同行の言葉

土徳と善知識に育てられたお同行の言葉は、 たとえ理性的ではなくても、しみこむように感じる。 仏法を聞いたら、ちっとはましな人間になれるかと思っているが、 どうでしょうか、と尋ねたら、先生は「あんたは諦めなはれ。 ただ念佛申しなさい」と仰ってく…

念佛往生の誓願

念佛申す者、すなわち、我が名を称えるものを 必ず我が浄土へ生まれさせる、間違わさん、という誓いである。 我が名を称えるばかりで、必ず助ける。 この言葉は我らの世界における、ぎりぎりの如来の表現である。 形から心を頂く。かたちなき法性が、自己を…

光明のはたらき

白を黒に、黒を白にするものが光明のはたらきではない。 白を白と、黒を黒と、そのもの自体の存在全体を照らし出だすはたらきを 光明というのだ、と体解する。 悪性を悪性と、自己中心を自己中心と、凡夫を凡夫と知らしめる。 如来のはたらき、智慧とよぶの…

南無阿弥陀佛

南無阿弥陀佛はまことのかたち。 かたちが心を貫く。 貫いた心はかたちをどこまでもまことに仕上げていく。 貫いた心を、如来の一心という。 あぁ尊いまことのかたち。 無量寿命、無量光明よ。はかりなきいのちとひかりのまことよ。 かたちがなければわれら…

風が吹いている

風は目に見えない。 しかし、風は吹いている。どうやって風を認識するか? 身体で感じる。木々が揺れている。その相を通じて、風を知る。 大悲本願の風が吹いている。そこに念佛の響きがあるではないか。 形には必ず心がこもっている。これが本当に大切なこ…

無限大悲

無限の大悲をもって、無限に世間を安慰す(勝鬘経義疏 一乗章) 無限の大悲に相応する。 相応とは彼の佛の御名を称え、聞くこと。 称えさせ、聞かしめて、往生させ、成仏せしめるはたらきを 如来の本願力といい、このおはたらきを他力という。 自分が凡夫で…

第十八願の心

もし、十方の生きとしいける者が、たった十声なりとも、 わたしの名を称えて、わが浄土へ生まれることがないようならば、 この法蔵は決して如来には成らない。 たった十声なりとも、わが名を称えた者を、決して見捨てない。 必ずわが浄土へ往生させる。 称え…

金剛心は如来の心

逆らわずに、素直に任せるは、随順の心。 過ちを認め、恥じるは、慙愧の心。 この心、わが心にあらず。これ如来がわれらがために成就し、 回向してくださる、如来の心。 この心、不壊不滅常住につき、金剛心と申す。 念佛の声を通して、如来の無限大悲が、わ…

ひたすら聞く、教えを請う

お念佛は聞きものです。称えるということは、そのまま聞くこと。 尊敬する先生がよく仰ることであります。 ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべしとよきひとの 仰せをかぶりて信ずるほかに別の仔細なきなり(歎異抄第二章) この言葉が真実であることを…

即とはそのまま、ということだと思う。 八地以上の菩薩はこの境地を実現するという。 聖徳太子、あるいは華厳経、十地経の教えから伺うに、 七地と八地の間にも断絶があるらしい。 藤谷先生はよくお話や書物の中で、七地沈空の難ということを 仰っている。 …

大切なことは何か

本当に大切なことは何だろうか? そんなことを思う。しかし、日常は常に自分のものさしに 流され、気がついたら、身が動いているということもあるし、 殺生を幾らやめよ、と仰られても、それを止める力がありません。 残念ながら、自分は人の身を生きている…

いつまでも、どこまでも

いつでも、どこでもと思っていたが違っていた。 (170719追記 違うというのは、その意味だけではなかったということ。 つまり、いつまでも、どこまでもに包含された、いつでも、どこでもで あるということ) 如来の大悲は、いつまでも、どこまでも。 必ず助…

ねんぶつのうた

最近は、法話の場に行っても、話の内容や言葉を覚えようという気持ちが なくなってしまい、ただ有縁の先生のお顔を見に行っているような、 そんな感覚でおります。 お念佛もおろそかで、日常はあれやこれやで毎日が過ぎております。 いくら自分が忘れても、…

万劫の仇とは何か?

最近思うのは、自分は全く何も知らないし、分からない。 根本的に分かってあげる力がない、ということである。 誰かのことをわかってあげることができない、受け止めることが できないということは、自分も受け止められることがない、ということになる。 自…

形から心を聞く

心は目に見えない。 だからといって、ないわけではない。 形を凝視すれば、心を見出すことができる。 心は形に現れる。形とは姿、相である。 南無阿弥陀佛とは、大悲の相である。 大悲の相とは、喚ばふ、ということ。喚ばふとは、喚び続けるということ。 喚…

法性のまこと

弥陀佛は自然のやうをしらせんりょうなり(末灯抄) いろもなく、かたちもない、言葉尽き果てた無上佛。 そのお心は、すべてのいきとしいけるものを、すべてもらさず、 立派にしてやりたい、という大悲。 無上佛を法性のまことと藤谷秀道先生は仰った。 弥陀…

存在の有様

衆生とともに、ほかのいのちとともにしか存在できないにも限らず、 自分はほかの命を貪り、利用し、捨てるようなことでしか生きられない。 いくらすべきではない、と思っても、それを止める力がない。 気がついたら、もう、すでに、している。 自覚のないと…

衆生とともに

人身(にんじん)受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。この身今生(こんじょう)において度せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身を度せん。大衆(だいしゅう)もろともに、至心に三宝(さんぼう)に帰依し奉るべし。 …

助けるの仰せ

如来は待っている。衆生を信じて待っている。 ただ待っているのではなくて、動きながら待っている。 すべてを知り抜いて、どうしても助からない、迷いに埋もれるしかない このわたしを、だからこそ、我は決して汝を捨てない、と仰っている。 これが弥陀の誓…